スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北照高校ベスト8!

 北照高校、2回戦も勝ちましたね。1回戦で好投したエースの又野君がゲーム途中で親指を負傷するというアクシデントで急遽マウンドに登った千葉君がよく投げました。自由ヶ丘(福岡)も粘り強いチームで9回裏はちょっとヒヤヒヤしましたが、よく守り切りました。北照7回の攻撃は見事でした。
 これでベスト8。明日は第4試合で川島、大阪桐蔭を破っている大垣日大が相手。強豪です。又野君のケガの具合が心配ですが、力を合わせて頑張ってくれるでしょう。
(編集長)
スポンサーサイト

テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

ファイターズ、コンサドーレ、レラカムイそして北照

 ファイターズ対マリーンズ3連戦は2敗1分。一つも勝ち星をつけることができませんでした。先発の八木投手、ストッパーの武田久投手が不調でした。ダルビッシュ投手と武田勝投手は好投していたので、昨季までの武田久投手なら2勝1敗の試合内容でした。これでファイターズは1勝4敗1分。昨季の開幕3連敗を考えれば、さほど悪い成績ではありませんね。
 コンサドーレ札幌は札幌ドーム2戦目の対岡山戦を2-0で勝って2連勝。勝ち点7として順位を7位に上げました。FWの近藤選手が2得点と頑張りました。2試合連続無失点とDFが機能し始めたのが大きいですね。
 レラカムイは・・・27日の最終戦、アイシンホースに勝ったものの12勝30敗の7位でシーズン終了してしまいました。来季に期待しましょう。
 チームが強かろうと弱かろうと、地元チームを応援できるのは、幸せなことだと思います。
 それから北照高校が見事に緒戦突破。初回に2点をあげたものの、なかなか追加点のチャンスさえつかめない中、投手の又野君がよく投げました。いいスライダーを持っていますね。9回はちょっとひやひやしましたが、守備陣も落ち着いていました。大したものです。明日第3試合2回戦で優勝候補だった東海大相模を破った自由ヶ丘と対戦します。きっとやってくれるでしょう。
(編集長)

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

首相記者会見がオープン化

 鳩山首相の記者会見が雑誌や海外プレス、フリーランスの記者も出席できるようになりました。いろいろ細かな規定はありますが、これまで新聞・テレビで構成する内閣記者会に所属する記者しか参加できなかったのですから、大きな前進だと思います。もともと、民主党は野党時代から代表や幹事長の定例記者会見をオープンにしていました。政権交代前、鳩山首相や小沢幹事長はフリーランスの記者の質問に答えて「民主党が政権をとった暁には首相会見をオープン化する」と言っていました。それがようやく実現する運びとなったわけです。
 政権発足から半年もかかったところに内閣記者会の抵抗の痕跡がみられます。すでに外務大臣、総務大臣、法務大臣、金融・郵政改革担当大臣の記者会見はオープン化され、ネットで中継されたりもしているのですから。
 雑誌記者・編集者としてはすべての公的機関の記者会見をオープン化してほしいものです。例えば道庁2階の会見室で行われる知事の定例記者会見にISMが参加しようとすると、道政記者クラブの幹事社に連絡し、許可を得なければ入室できませんし、許可が得られても「質問はしないでね」と念を押されます。写真撮影はOKなんですけどね。
 他の官公庁や経済関係の記者会見もほぼ同様です。検察や警察の記者会見には入室・撮影さえさせてもらえません。記者クラブが既得権益になってしまっているんですね。
 公的情報は国民すべての財産です。メディアは国民の知る権利を国民に代わって実現するという役割を担っていますが、それは主要な新聞・テレビだけの特権ではありません。あらゆるメディア、ジャーナリストがアクセスできる体制を整えることだけが国民の知る権利に応え得ると思います。
 記者会見開放の動きが全国に広がることを期待したいものです。
(編集長)

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

座礁した貨物船ドンフォン号を撮影

ドンフォン号

 今朝、早起きをして石狩の浜で座礁した貨物船ドンフォン号を撮影してきました。国道231号沿いにある佐藤水産サーモンファクトリーの近くの信号で左折、石狩湾新港東埠頭の入り口手前を右折すると、その異様な光景が目に飛び込んできます。近づいてみると船はほとんど波打ち際にあり、長靴でもあれば近づいて触れそうなほど。
 この辺りは夏になると大勢の海水浴客が束の間の夏を楽しむ場所で、かなり遠浅になっています。ご近所の方が4~5人見物にいらっしゃってました。
 いったい、どうやって救出するんでしょうね。
(編集長)

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

ファイターズ開幕3連戦1勝2敗

 ファイターズの対ホークス開幕3連戦は1勝2敗に終わりましたね。緒戦はダルビッシュで5失点、第2戦は武田勝の好投虚しく競り負け。嫌~な雰囲気の2連敗で、昨季に続く開幕3連敗の悪夢がファンの頭をよぎりましたが、3戦目は“つなぐ打線”が爆発して15安打16得点の大勝でした。
 チームは開幕ダッシュとはいきませんでしたが、観客動員は3日間で11万2148人。目標の年間200万人に向けて好調な出足となりました。
(編集長)

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

秋山財団ネットワーク形成事業のバックナンバーをアップ

 月刊ISMのホームページのバックナンバー・秋山財団ネットワーク形成事業のページにVol.7~12をアップしました。
 Vol.7は十勝イノベーションフォーラム第4回アースカフェのレポート「現場から食卓を考える」、Vol.8は世界先住民族ネットワークAINU「各国の先住民族と連携」、Vol.9は遠友・いぶきによる健康自給率向上の実技講座の模様をレポートした「健康維持の技術を習得」、Vol.10は社会起業研究会の「自然再生と社会起業」、Vol.11は同じく社会起業研究会の「苫東環境コモンズ誕生」、Vol.12は日本森林生態系保護ネットワークの「伐採・環境攪乱が森林生態系及び生物多様性に及ぼす影響評価」です。
(編集長)

テーマ : 雑誌 - ジャンル : 本・雑誌

パ・リーグいよいよ開幕です

 いよいよ明日3月20日、プロ野球パ・リーグが開幕しますね。我らがファイターズは今シーズンもリーグ優勝、そして日本一を目指して素晴らしい闘いを見せてくれるでしょう。
 エースのダルビッシュ有投手は昨季の傷も癒え体調万全で開幕を迎えるようです。注目の中田翔選手も3年目で始めての開幕1軍先発を勝ち取りました。昨年のクライマックスシリーズで劇的なサヨナラ逆転満塁ホームランを放ったターメル・スレッジ選手は横浜ベイスターズに移籍、森本稀哲選手は腰痛で2軍スタートとなってしまいましたが、“つなぐ打線”は今年も健在です。田中賢介選手、稲葉篤紀選手、高橋信二選手、糸井嘉男選手、小谷野栄一選手、金子誠選手ら昨季のVメンバーも順調にケガなく開幕を迎えています。
 投手陣では、菊地和正投手がキャンプ中の故障のため2軍スタートになりましたが、その他は先発の武田勝投手、八木智哉投手、中継ぎの建山義紀投手、宮西尚生投手、江尻慎太郎投手、金森敬之投手、ストッパーの武田久投手らが順調な仕上がり。新たな戦力としてバディ・カーライル投手、ボビー・ケッペル投手、ブライアン・ウルフ投手の外国人3投手が加わり、万全の体制です。
 開幕戦は福岡ソフトバンクホークスとの3連戦。ダルビッシュ、武田勝、八木が先発マウンドに登る予定です。ダルビッシュはどんな投球を見せてくれるでしょう。中田のホームランは見られるでしょうか。
 なんだかドキドキ、ワクワクしてしまいます。
(編集長)

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

秋山財団ネットワーク形成事業のバックナンバー

 月刊ISMのホームページのバックナンバー・秋山財団ネットワーク形成事業のページVol.2Vol.3Vol.4Vol.5Vol.6をアップしました。
 Vol.2は日本森林生態系保護ネットワークの「伐採・環境攪乱が森林生態系及び生物多様性に及ぼす影響評価」(2009年2月号掲載)、Vol.3は遠友・いぶきの「健康自給率向上の実技市民講座」(2009年3月号掲載)、Vol.4は社会起業研究会、Vol.5は十勝農業イノベーション、Vol.6は北のお魚ネットの「民間企業と生産者による持続可能な特産品ブランド化計画」です。Vol.7以降も順次アップする予定です。
(編集長)

テーマ : 雑誌 - ジャンル : 本・雑誌

ISM連載「秋山財団ネットワーク形成事業」Vol.1をアップ

 『月刊ISM』のホームページに「バックナンバー」のページを設け、「連載記事」と「北海道発秋山財団ネットワーク形成事業」のページをリンク、秋山財団ネットワーク形成事業のVol.1をアップしました。Vol.2以降も随時アップする予定です。
(編集長)

テーマ : 雑記 - ジャンル : 日記

『月刊ISM』4月号出来!

hyousi1004


 『月刊ISM』4月号が完成しました。15日(月)には書店に並びます。
 主な見出しは次の通り。

異見箴言ISM流
■遠洋調査捕鯨を中止し沿岸捕鯨を復活すべき
■チリ地震で日本の食の現場に激震! 改めて道産サケを考える
■ロシアの不法占拠と漁師の不法操業 北方海域は無法地帯だ
■北教組違法献金事件は道議会百条委員会で真相究明を
■「有罪率99.9%」日本の検察の危機 郵便不正で調書が次々に否定される

私的考察 もし沖縄が独立したら

ISM創刊20周年記念特集「北海道論」これからの20年
新しい公共事業を 北海道副知事 高井修さん

鶴雅グループが挑む低炭素社会

西尾正範函館市長インタビュー
希望と行動の一年にしたい

創立50周年を迎えた函館ラ・サール学園OBに聞く

ザ・シンポジウムみなとin函館
波瀾万丈、函館港の賑わいの歴史 南北海道史研究会会長 須藤隆仙さん
パネルディスカッション 函館港の新たな賑わいの歴史をつくる

自治のかたち:地域主権と権限移譲
自治は地域住民の権利

ISM座談会 支庁再編、4月スタート

特集 地域社会と共生する江別4大学の教育
北翔大学・酪農学園大学・札幌学院大学・北海道情報大学

ご購入・ご購読は道内有名書店もしくはISMまで。
(編集長)

テーマ : 雑誌 - ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

ISM編集部

Author:ISM編集部
『月刊ISM』
発行人/山田 勝芳
編集人/堀  武雄

発行/㈱情報企画
〒060-0003
札幌市中央区北3条西7丁目緑苑ビル913
電話/011(271)7651
FAX/011(271)7652
メール/ ismあっとまーくcoral.ocn.ne.jp 
*あっとまーくは@に変えてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。